葉酸サプリメントとは?

厚生労働省からも摂取が推奨されている葉酸サプリとは具体的にどういったものなのかよくわからないという方もいるでしょう。 葉酸にはポリグルタミン酸型葉酸とモノグルタミン酸型葉酸という2種類があるのですが、葉酸サプリに含まれているのはモノグルタミン酸型葉酸の方です。

ポリグルタミン酸型葉酸の方は食事性葉酸とも呼ばれており、食事で取り入れられる葉酸だと考えればわかりやすいのではないでしょうか。

ただ、食事から取り入れられる量だけでは妊活中・妊娠中に必要であるとされる量をまかなうことが難しいため、葉酸サプリからの摂取が推奨されています。

この二つの葉酸は体内では同一の成分となるのですが、吸収率が違うということを知っておきましょう。 サプリとして販売されているものはタブレット状やカプセル状になっていることもあり、葉酸を効率よく摂取することが可能です。

食事からも葉酸は摂取できるのですが、こちらは摂取したそのすべてが吸収されるわけではなく、吸収率が半分程度になるため、葉酸が含まれる食材をたくさん食べているからといって足りているとは限りません。

厚生労働省からは一日に400μgの葉酸を摂取するように推奨されていますが、これはサプリメントからの摂取量です。 たとえ葉酸が400μg含まれる野菜などを食べたとしても、体内では吸収率が下がってしまうため、実際には400μgを摂取することができません。

サプリメントでもすべてが吸収されるわけではないのですが、約85%が吸収されます。 食事から摂取した場合の50%という吸収率と比べるとかなり高い数値ですよね。

何となくサプリメントといえば健康志向の方や、食生活が偏っている方が取り入れるものだというイメージがあるかもしれません。

妊活中、または妊娠中で食事内容にも注意しているという方は必要ないのではないかと思ってしまうかもしれませんが、食事だけでは十分な量の葉酸を摂取するのが難しいということ知っておきましょう。
秋田組合総合病院

マカと葉酸

妊娠力をアップさせるために取り入れたいのが葉酸ですが、他にもおすすめな成分があります。 例えば、タンポポやルイボスティー、ザクロ、イソフラボンなどが有名です。

それから、マカに注目している方も多いのではないでしょうか。 マカにはホルモンバランスの乱れを整えたり、冷え性を改善する効果があるため、妊活に役立ってくれます。

また、マカは女性だけでなく男性にも摂取してほしい成分なのです。 その理由として、マカには精力アップの効果があります。 妊娠力を高めるためには女性は健康な卵子を作る必要があるほか、男性は元気な精子を作らなければなりません。

それから、マカにはカルシウムやミネラルがたくさん含まれているため、スーパーフードとしても知られています。 ただ、葉酸サプリのほかにマカのサプリも飲むのは面倒だという方もいるはず。

飲むサプリの種類が増えれば増えるほどうっかり飲み忘れてしまったり、面倒になってしまうこともあります。 それに、それぞれのサプリで高い品質を求めてしまうと費用もかかってしまいますね。

そのような事態を避けるためにもマカと葉酸が両方入っているサプリを選ぶのも良いでしょう。

費用の問題を解決するために安いサプリを組み合わせて飲んでいるという方もいるようですが、他と比べて安いサプリは原材料の品質が良くなかったり、安全性の面で問題がある商品も多いため、妊娠時などに飲むのはおすすめできません。

それならば、多少値が張ったとしても両方の成分が取れて安心して飲めるものを選択した方が良いですよね。 特に葉酸は妊娠時に必ず必要になる栄養素であるため、質の良いサプリを選びたいところです。

葉酸サプリであればどれでも良いと考えてしまうのではなく、商品によって品質や成分が違うということを理解し、安心して飲めるものを探しましょう。

サプリメント選びに迷ったら実際に飲んだ方のレビューを参考にするというのもおすすめです。 目に見える効果があるわけではないので選び方は難しいところがありますが、商品説明なども参考にしながら決めましょう。

葉酸が多く含まれる食材とは

私たちが普段何気なく口にしている食材にも葉酸は含まれています。 妊娠を希望している方や妊娠している方は葉酸サプリだけでなく、食事からも葉酸を摂取することが推奨されているため、保有量の多い食材について知っておきましょう。

その前にしておきたいこととして、葉酸は熱に弱い栄養素です。 葉酸が多く含まれている食材を調理する際にはできるだけ熱を加えずに食べられる料理がないか考えてみると良いですね。

それから、水に溶けやすいという特徴も持っているので、さっとした簡単な調理で取り入れるというのもおすすめです。 次に摂取量についてですが、妊婦は480μg、授乳婦は340μgの摂取が推奨されています。

葉酸が多く含まれる食材の代表として挙げられるのが、レバー類です。 鶏レバーなどは100グラムあたり1300μg、牛レバーは1000μg、豚レバー・豚レバーは810μgが含まれています。

ただ、レバーは好きな方ならばたくさん食べやすい食材ですが、ビタミンAが大量に含まれています。 妊娠中はビタミンAの大量摂取は控えた方が良いので、葉酸がたくさん含まれているからといって毎日レバーを食べるのはおすすめできません。

野菜類ではモロヘイヤが100グラムあたり250μgと多く、ブロッコリーが210μg、しゅんぎくが190μg、大根の葉が140μg、京菜が140μgなどです。

ただ、これは生の状態で含まれる保有量なので、加熱して食べた際には少なくなってしまいます。 アスパラガスなどは茹でても100グラムあたり180μgが含まれています。

他には枝豆やエリンギ、いちご、うなぎなどにも葉酸が豊富に含まれるため、こういった食材をメニューに取り入れてみてはどうでしょうか。

葉酸が豊富に含まれる食材を食べたとしても、体内に吸収される分はそのうち約50%ほどだといわれています。 毎日摂取推奨量を食べるのは大変なことなので、サプリメントも上手に活用しましょう。

それから、葉酸摂取の上限量は一日1000μgとされており、毎日これを超える量の葉酸を取り入れてしまった場合には副作用の心配もあるため、過剰摂取にならないように気をつける必要があります。

葉酸は厚生労働省からもおすすめされている

妊娠時に葉酸を取り入れた方が良いというのは、健康にこだわって生活をしている方が提唱していることだと思っている方もいるかもしれません。 ですがそうではなく、厚生労働省からも葉酸サプリの摂取は推奨されています。

そもそも諸外国ではさらに昔から妊婦や妊娠を希望している方は葉酸サプリを取り入れた方が良いとされていました。 日本の場合はそれに遅れて発表された形です。

これには理由があり、葉酸を取り入れることでリスクを抑えることができる神経管閉鎖障害の発生率が関係しています。 もともと日本は神経管閉鎖障害の発生率が低かったため、これを抑えるために積極的に葉酸を取り入れるようにという指導がされなかったのです。

アメリカなどは日本に比べて神経管閉鎖障害の発生率が高く、予防するための研究が行われてきました。 その中で葉酸を取り入れることで神経管閉鎖障害の発生リスクを抑えられることが判明し取り入れたところ、発症率の低下を実現したのです。

日本においても食生活の変化などが関係し、神経管閉鎖障害の発生率は低いとはいえない状況になりました。 このため、諸外国にならって葉酸を取り入れることにより神経管閉鎖障害の低下を目指そうとしているのです。

健康食品などでも葉酸が含まれるものが増えてきました。 ただ、日常的に口にする食品に積極的に葉酸が加えられているわけではありません。

諸外国ではシリアルなどにも葉酸が加えられているのですが、日本人が日常の食生活だけで十分な量の葉酸を取り入れることはなかなか難しいといえるでしょう。

そこで摂取が推奨されたのが葉酸サプリなのです。 厚生労働省から正式に発表された文章には「栄養補助食品から1日0.4mg(400μg)の葉酸を摂取する」ということが推奨されているため、この量を葉酸サプリでまかないましょう。

もちろん、食生活では栄養バランスの整った食事をとることが大前提です。 葉酸だけ足りていれば健康な赤ちゃんが産めるというわけではないため、この点は勘違いしないようにしたいですね。

葉酸はなんのために摂る?  ・葉酸は生理痛や生理不順に効果的?     ・美容成分が入った葉酸サプリ

このページの先頭へ